「後ろから訳せ」とは言われますが…
ただ今、来月のヴェルレク本番プログラム用に対訳小悩み中。
いや、前回も同じ団体でレクイエム(デュリュフレ)だったんだから使いまわし可じゃん!と思っていたら、立ちはだかる長大な「Dies irae(怒りの日)」のテキストにtremorっています…。

昔々、中学校の英語の先生に「後ろから訳せ」と言われていたこと(*)は往々にしてラテン語にもあてはまりまして、極端な例だと以前カルミナ・ブラーナぶっちゃけ意訳でこんな感じで使いました。
(*余談:きれいな訳文を作るには有効ですが、今は必ずしも英語勉強法として推奨されてないようでして。例文は面倒くさくて出しません、ごめんなさい)

Gloriantur
et letantur
in melle dulcedinis.
qui conantur,
ut utantur
premio Cupidinis;

  クピド(キューピッド)のご利益を
  いただきたいもんだと
  たくらむ奴は、
  甘い歓喜の蜜の中で
  自信満々になって
  楽しいことをしてみよう。

最後の行から、ほぼ順番に訳しております。流石に本番用は3行ずつで切って倒置にしましたが。

団員用に逐語訳も添えていて、補助として意味の通る日本語の訳文を載せたい時には、対訳の行数を揃えつつも、こんな感じで自由に行を渡った訳を作っております。


で、今回悩んだのがすでに団員用に配っているコレ↓

Dies iræ, dies illa,
solvet sæclum in favilla,
teste David cum Sybilla.

  ダビデ王と巫女シビラの預言の通り、
  この世が焼き尽くされて灰になる
  その日こそ、怒りの日。

日本語として読むなら「英語のセンセイの言っていた通り」に後ろの行から訳すこの形が正解、だと思うのですが…。
さらっとテキストが流れるケルビーニやせめてモーツァルトのレクイエムまではこれで許されそうではあるのですが、"Dies iræ, dies illa"部分をハデに扱い、しかも曲中何度もこの部分を出してきているヴェルディさんだと、「ダビデ始まり」はやはり問題だと思いまして。

今回、まじめな行対応の対訳とすべく、

  その日こそ、怒りの日。
  この世は焼き尽くされて灰となる。
  ダビデ王と巫女シビラの預言の通りに。

と倒置してみました。
うん。これで行ってみよう。

モンダイなのは一事が万事こんな感じで考えなきゃいけないテキストが3行×18連あることでございましてorz
苦労を楽しみたいと思っておりますです、はい。
[PR]
by cantotanto | 2011-05-20 12:59 | 外国語曲のことばのこと
<< 炎のヴェルレク、参ります。 復興の「熱狂の日」レポート >>