「メリーポピンズ」 子守唄2曲目 "Feed the birds - tuppence a bag- "
先日の"Stay awake"に続く、「メリーポピンズ」の子守唄2曲目。

邦題は「2ペンスを鳩に」。お父さんの職場の銀行のすぐそばにある、セント・ポール寺院前の鳥の餌売りのおばあさんの歌です。
この曲は実際現地に行く前夜、メリーが子供たちに優しく歌う子守唄ですので、映像も歌も教会の雰囲気を生かした、優しく荘厳なものとなっています。

が、歌っている歌詞の内容は、まぁ優しいかもしれないけど全然きれいじゃない。
教会幻想を取り除くために、東京に置き換えて意訳(???)してみましょう。
#原詩が好きな方、大っ変申し訳ないです。私も好きなのですが、敢えてやってみます。

「浅草寺の雷門の前に、朝早くから鳩の餌売りのおばあちゃんがいるの。
いつも道行く人に『鳩の餌、一袋100円だよ~』って声を掛けてるわ。
『たった100円で「鳩助け」ができるんだ。気持ちがいいよ~』
いいことしてあげると、仁王様達の像も微笑んでくれるんじゃないかしら。」

…色気ないでしょ。でも実際、こういうお話で、とても美しくて優しくて神々しい曲に仕上がっているのです(ヴォーカリーズのコーラスが、神々しさの追討ち隊をやっております)。
ちなみに、この曲の最高音はト音記号五線譜に納まるD。最低音は五線譜より下のGで、しかもこの音がサビの入り。中音域を美しく聞かせて物語を進め、サビの
"Feed the birds, tuppence a bag "を、低い音で落ち着いてじっくり聞かせる。ジュリーの声はソプラノですから、こんな使い方ができるのも、この作品が舞台先行ではなく、映画オリジナルの作品だからこそ、でしょう。

で、実際銀行に向かってみると、確かに餌売りのおばあちゃんはいる。みすぼらしい格好で、鳩の大群に囲まれながら。このイメージは間違いなく神々しいジュリーの歌のものではなく、雷門の前で大量の鳩の中、100円の餌を売るおばあさん。まじめで堅実で教育熱心な銀行家であるバンクス氏の目にもそのように映るらしく、「手持ちの100円で鳩に餌をやりたい」と言う子供の意見を、「そんな無駄遣い許しません」と一蹴。わかるなぁ。この感覚。
#しまった、100円じゃなくて2ペンスだった。1910年代の通貨価値はわからないけど、そんな感覚の額です。

普通なら、ここで鳩の餌と2ペンスの話は終わってしまうのですが、ここから先が作品のパワーの見せ所。このジュリー(=メリー)の子守唄が、作品を一気に大転換の場へ引きずり込むのです。知らない方は、是非わくわくしながら観てください。

この子守唄も、お勧めはやはりジュリーの英語版です。日本語版もきれいに聴けますけどね。

あと、このDVD、日本語トラックだけ何だか非臨場感を感じるなぁと思っていたら、わかりました。後乗せの日本語セリフだけ、妙に定位が良いのです。会話してるほぼ全員が、真ん中にべったりと鎮座。あと、音量バランスも音楽に比べ大きめ。
友人を助手席に乗せて「何だかラジオみたい」という意見をもらってなるほど、と思いました。

<DISK情報(CD)>←サントラ盤です(上の画像も)。
メリー・ポピンズ ― オリジナル・サウンドトラック (デジタル・リマスター盤)
サントラ グリニス・ジョンズ デビッド・トムリンソン マシュー・ギャーバー カレン・ドットリス ジュリー・アンドリュース ディック・バン・ダイク / エイベックス
スコア選択: ★★★★★

ジュリーの歌を聴くために、サントラ盤も買ってしまいました。DVD→サントラ購入はめったにやらないのですが、その価値のある1枚。作曲者シャーマン兄弟のインタビュー付きですが、この部分の対訳は、ありません(歌の歌詞対訳はありますよ)。

入っている曲 (原題はそのうち追ってUpします)
1.メイン・タイトル   Main Title
2.古い鎖をたち切って
3.私のくらし
4.理想の乳母さん
5.お砂糖ひとさじで A Spoonful of Sugar Helps the Medicine Go Down
6.大道画家
7.楽しい休日
8.スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
  Supercalifragilisticexpialidocious
9.眠らないで Stay Awake
10.笑うのが大好き
11.英国の銀行
12.2ペンスを鳩に Feed the birds - tuppence a bag-
13.信用第一の銀行
14.チム・チム・チェリー Chim Chim Cheree
15.序曲 Overture
16.男には夢が
17.タコをあげよう
18.シャーマン兄弟インタビュー
19.チム・チム・チェリー Chim Chim Cherry
20.タコをあげよう
21.アイズ・オブ・ラブ
22.女王のテーマ
[PR]
by cantotanto | 2004-08-03 02:11 | ミュージカル
<< 合唱は「第九」で始まらず、「第... JapanMusicBlogに... >>