カテゴリ:ハコもろもろ( 19 )
風が吹きます。
明日(日付変わって今日ですね)は今回初めてお邪魔しておりますJYDさんの演奏会@初台教会デス。

練習もほとんどこの教会の敷地内で行っているのですが、本日初めて本番会場の大聖堂(お御堂と言うべきか)で音を出しました。

前の用事が早く終わったので軍手持参で準備からお邪魔しましたが、2001年建立のきれいなお御堂の形にぴったり合わせた山台パーツがしっかりしててびっくり。最後列に立ってても落ちる心配がありません(壁に寄りかかっちゃダメと言われておりますが)!会場設営から何まで、「ホーム」感が感じられてとても頼もしいです。

前半のシュッツとバッハは礼拝用の小オルガン(ポジティフでしたか)使用ですが、ブルックナーの準備に入ったら…何だか風が吹いて来てちと寒い…見上げれば2階のパイプオルガンに「風が入った」からでした!ちなみに寒かったのは中央やや後ろ寄りの席での出来事でした。お客様の方は羽織るものの覚悟をした方がよいのかもしれません。

GloriaやSanctusのここぞ!という所でパイプオルガンが派手にいい音を鳴らしてくれて、ああ、オルガン弾き出身派手なオケ曲書きのブルックナーさんはこういう場所のこういう演奏を意図したのかもなぁ、と感慨しきりでした。ただこのオルガン、客席(普通は会衆席と言うべきか)の真後ろ2階の設置なので、演奏中はお客様から全く見えません。演奏者にはばっちり真正面に見えるのですが。オルガンは観るものではなくて聴くもの、なのでしょうかね。

煉瓦に囲まれた聖堂はゲネプロだとわんわんに響きすぎていましたが、人が入るとデッドな響きになるのだそう。どうなるのかちと楽しみです。

囲まれた、といえば、お御堂の横~後ろはぐるりと「十字架の道程」の14枚の絵に囲まれています。十字架を担がされ、歩いては倒れ、数少ない信者に助けられ、また倒れ…という過程が(舞台でいう)下手側から後ろを通って上手側まで続いています。これらを見ながら十字架の重い足取りを象徴したAgnus Deiの弦の音など聴いているとぐっと来るものがありました…が、これまたお客様は演奏中にこれをぐるりと観ることはできないので、どうぞ休憩時間等にじっくりと観てみてくださいませ。演奏者は14枚を同時に眺めることができて、これまた贅沢だなぁと思っております。

さて、明日も早いのでもう寝ます…って例によって充分遅いですね(汗)
聴きにお見えになる方、演奏でご一緒する皆さま、どうぞよろしくお願いしますo(^-^)o
[PR]
by cantotanto | 2010-03-22 01:57 | ハコもろもろ
本日の、いつもの、ハコ。
a0036057_1216846.jpg

これからゲネです。

持参したポケットスコアで、昨日の記事の嘘をいっぱい見つけました。
帰ったら訂正しますね。


【帰宅後追記】
↑と書いたら、こちらが勘違いでした(汗)別の嘘は発見しましたが。

原因は、ゲネ現場で久しぶりにZ音スコアを広げたら、K合社のヴォーカルスコアにない楽器名のフルネームを見て混乱したため。

第4楽章冒頭から出番があるTrombe=略称Tr.=トランペット、トロンボーンはZでTromboni=略称Trb.。英語(→カタカナ)に慣れてると軽い違和感。
かえってドイツ語でPosauneとか書いてあると覚悟できたのですが、イタリア語表記だったとは…。

ちなみにホルンはCorniなので吹奏楽で「コルネット」=トランペットの親戚 と刻み込まれた人には引っ掛けポイントになります。(ラテン語→イタリア語のCornuも、英語のHornも、同じ「角(つの)」デスから。)

要は、最近いかにスコアを見ていないかを思い知らされ、ちょっとくらっと来ました(苦笑)

トロンボーンのお三方は事前の想像以上に出番が少なくて驚きました。バストロンボーンの楽譜はまだめくる所があったけど、アルト、テナーの方はパート譜ペラでしたよ。
(出番は第2楽章中間部最後(ダカーポ直前)のちょっとと、先述の第4楽章の終盤、Seid umschlungen以降に度々、のみ…)
[PR]
by cantotanto | 2007-12-29 12:16 | ハコもろもろ
初めまして~♪
a0036057_1845241.jpg

明日本番のハコ、初めてですが、事前にあれこれ聞いて想定していたよりは歌いやすかったです。変に残響が付かない分、ジャンジャカ曲のオケに合わせるにはかえってよいかも。ミッチー(ご本人はミッキーと自己紹介してましたが)が「ショスタコが想定していたタイプのハコ」と説明されていたのもある意味納得です。

もっと暗いのかと思いきや照明もしっかり付いてミッチーが輝いて見えます(大変失礼)。

録音機R-09をロビーでなくした騒ぎ(落としたと思って下ばかり探してたら階段の上に置いて忘れてた…σ(^◇^;)。。。)で合唱の皆さんにご迷惑おかけしました。

ってな訳で本日のリハ客席録音はなし。でも昨日と全然違うタコワールドにすっかりおなかいっぱいなので大丈夫デス。
[PR]
by cantotanto | 2007-11-24 18:45 | ハコもろもろ
お久し振り~♪
a0036057_13265455.jpg

本日のハコ。
ホームだったはずが演奏者として来るのは丸々1年ぶりデス。演奏会前に懐かしさにひたってどうするんだ、私。

今日は風が強いけど実にいい天気デス。遠くからいらっしゃる方は(電車代高くてすみませんが)高い秋の空も楽しみにお越し下さいませ。

まもなくゲネスタート、です。
[PR]
by cantotanto | 2007-11-23 13:26 | ハコもろもろ
字幕が迷ってます。
a0036057_1136396.jpg

会場入り、リハ前に撮ってみました。字幕ポール君です。
これが舞台の上下両脇に立っています。
歌詞はザックスの「迷いのモノローグ」の一部デス。

ただ今リハ進行中。合唱降りの間に楽屋口から外に出てメール送信です。
建物内は裏手までちゃんと電波シールドされてるんですね。
[PR]
by cantotanto | 2007-06-24 11:36 | ハコもろもろ
新年に 夢は膨らむ 練習場所候補…か?(字余り)
迷った上で、カテゴリは「ハコもろもろ」に設定してしまいました。
#果たして東京の練習場所や福島のホールと並べていいのか…。

昨日、これまでの人生で一番大きな買い物をして参りました。
はい。ハコ、です。メイン用途は住むため、ですが。

#ダンナともども背負った借金をチャラにできる可能性に掛けて、発売最終日の年末ジャンボも買って来てしまいましたw

北関東某所方面での活動(と、私の通勤)にはそれほど影響なく、東京へ出張るのはかなり便利になります。ふっふっふ。
#とはいえまだまだ北関東某県住人。イナカでございます。

  ~・~・~・~・~・~・~・~・~

このハコ、玄関を開けるとスケルトン階段(今流行りらしい)のある吹き抜けがどどんとあります。
まぁ、畳数としては大したことないのですが。

地元の某古楽アンサンブルの皆様が「広くなくていいから音の響きの良い練習場所」をあれこれ探されていたのを思い出し、不動産屋さんのいない隙に歌ってみたら、響く響く。

という訳で、引越しと同時にキーボードは置いてみるつもりなので、少人数アンサンブルの練習場所に、そのうち使ってみたいなぁと密かにたくらんでいます。いかがでしょう?>関係某所の皆様
#そうやって自分にプレッシャーを掛けて、ヒトを呼べる家にすべく片付けるのだっ

問題点としては…
・「部屋」ではないので暖房がかかりません。日当たりはいいけど曇ると寒い。
・実家から(誰も弾いていない)ピアノを持ち込みたいんだけど、吹抜け内で窓に近すぎない場所に設置すると階段下まで人が通れないんじゃないかの懸念あり。
・ご近所の皆様が休日昼間の音出しについて寛容な方々でありますように…(祈願)。
 #楽器弾きや複数人の練習は休日昼間限定だったとしても、うちの中で結構歌っちゃうのもモンダイだったりします、私。

てなところを心配中です。
まぁ、楽しい心配は歓迎な部分もありますが。
#ソレヨリモ年末年始ノヒッコシジュンビガ…ヒエエw
[PR]
by cantotanto | 2006-12-21 13:01 | ハコもろもろ
このホール、いい音だわ!
a0036057_11294837.jpg

いよいよ本番当日。
遠征組乗り合わせ集合時間に寝坊し、ひとりドライブで何とか駆け付けたりもしましたが、あきらめていた東混さんのゲネプロを一番後ろの席から聴くことができてます。

反響板が入るとこのホール、本当にいい響きが後ろまで飛んで来てます。おいでになる方、お楽しみに。
32人が無理ない発声で歌うだけで、こんなにホールは響きでいっぱいになるのですね。プロの演奏を聴くのも、とても勉強になります。

アルトが適度な色気のある大人声で、かっこいいですぅ。
[PR]
by cantotanto | 2006-10-01 11:29 | ハコもろもろ
トリフォニーに来ています♪
a0036057_1525881.jpg
ホール前の通路の床タイルのデザイン、そのままマイ公式シールに使いたくなる衝動に駆られます。
いいなぁ、好みドンピシャだなぁ。
[PR]
by cantotanto | 2006-09-23 15:02 | ハコもろもろ
蔦の絡まる食堂で♪
a0036057_17372283.jpgめぐめぐさんのお誘いで、某「蔦の絡まるチャペルで」大学の食堂でのコンサートに行って来ました。

コンサートについてのインプレッションはまた後ほどにしますが、建物についてのレクチャーもありなかなか面白く。

レンガ造りというのは地震で壊れるのが相場だそうで(そういや、私の出身高校も関東大震災で全部倒れて建て直したと聞いてました…)、阪神大震災の後の大点検で、こちらの食堂も見事「倒壊の恐れあり」認定を受けたのだそうです。

で、凄いのがその対処方法。
この食堂、表からの景観はこのように古いままなのですが、ちょうどこの裏手に鉄筋コンクリート造りの新建物を「立て掛けて」ありまして、こちらで古いホール状の建物を「支えて」いるのだそうです。
ほほう。

よく見ると確かに高い位置の窓枠のところにはレンガの「外壁」が見えるのに、その先も室内(しかも食堂の厨房とカウンター部分。お手洗いも新建物側だったのできれいだった。)になっています。そして、その「元外壁」の下のほう(確か、コンクリになってました…)には給茶機がはめ込んであったりしてなかなかお茶目な感じです。

ちなみに、古い建物の双璧を成す「蔦の絡まるチャペル」のほうは土台の下にゴム板を入れることで振動を吸収する免震構造に改造されているのだそうです。

新しく建てる建物も下の部分はレンガ造り(風、のものも)、上はコンクリ壁等、景観をマッチさせるためにいろいろやられているそうで。
実は学内の建物を紹介する写真満載のプレゼン付きだったのですが、会場の照明を落とせずほとんど「見えなかった」のが残念でした。「いや~、見えませんね」「いや~、見えないのですが」とエクスキューズしながら解説される先生がなんとも言えず可笑しいレクチャータイムでした。

a0036057_1737226.jpgそうそう、食堂正面の看板にはラテン語で「食欲は理性に従うがよい(直訳)」→要は「腹八分目」か!? と書いてあります。楽しいです。
#実はこちらも会場案内にしっかり入っておりましたですよ。「腹八分目」とまでは言ってませんでしたが。
[PR]
by cantotanto | 2006-06-11 17:37 | ハコもろもろ
クワトリヘッダー後半戦予告:こんな偶然もあるもので。
本日、Mアンサンブル練習後の連絡で、「明日の会場は某文化センターのAVホール」と言われ、なんだか聴き覚えがあるなぁ…と思っていたら、

明日午後のカ○レの練習と、夜からのMアンサンブルの練習が、全く同じ施設の同じ部屋でした!

こんな偶然もあるもんなのですね。1人通し使用、です。笑っちゃいます。

借りている時間帯に1時間のギャップがあるので流石に一旦退出が必要でしょうが、コーヒーで気軽に粘れるチェーン店は駅の方まで結構歩いていかないとない。
そのまんま施設内のロビーとかでまったり仕事しているかなぁ…。

早めに到着された方、見かけたら構ってやってくださいませ。
[PR]
by cantotanto | 2006-04-23 03:06 | ハコもろもろ