「やすおん」で2コマ出演します!
おなじみの方にはおなじみの、知らない方にはなんじゃそりゃな名前の音楽会、「やすおん」。
正式名称は「休みの日には音楽家」でございまして、アマチュアの皆さんが歌に限らず管・弦・ピアノとさまざまな音楽を奏でる、入場無料出入り自由の演奏会でございます。

今週土曜日1/22午後に、第22回やすおん開催でございます。

休みの日には音楽家vol.22 通称:やすおん
2011年1月22日(土)  13:10開場・13:30開演・17時過ぎに終演予定
東京建物八重洲ホール 全席自由・入場無料

私はいつもの「シャイン会」(第3部の4番目、16:20くらい~)で例によってシャインさんの曲とえっ、と驚く位(?)時代がくだった方に浮気してのもう1曲をうたいます。時代は離れるけどドイツ物宗教曲という線は1本通っております。珍しく(?)ずっとアルトパート(シャインさんは休ませてくれない)を歌うとです。

…で、普段のやすおんならあとはお客様になって楽しんでいるのですが…

もう1ステージ出てしまいます(爆)。しかも歌わない!
初登場団体の「かたりべ工房」(第2部の4番目、15時ちょい前~)で10分間、「語り」をやらせていただきます。
やすおんレギュラー中最も「華のあるヴァイオリニスト」、けんいちろう氏を口説きまして「ヴァイオリン+語り」の童話で共演させていただきます。

 Ferdinand the Bull 雄牛のフェルディナンド
 (原作 Munro Leaf 作曲 Alan Ridout 日本語訳 cantotanto)

知る人ぞ知る個性的な牛の物語、舞台はスペイン、闘牛を生産・育成する(ああ、この言い方は仕事柄だ)「牛の穴」的な牧場の牛が主人公です。派手目のヴァイオリンソロがちょっとスペインな雰囲気で闘牛!という感じなのですが、原作者はアメリカ人、作曲者はイギリス人でございます(あれっ)。語りクラシックの金字塔「ピーターと狼」と同じように、英語で演る場合は台本をほとんどそのまま忠実に読んでいるようですが、せっかくの日本語上演、語り手が好きなように訳させてもらいました。日本では主人公を「ふぇるじなんど」と表記した絵本が「○○のすきなうし」というネタバレなタイトルで岩波書店から出ていますんで、「ああ、あのふぇるじなんど!」と懐かしい方もいらっしゃるかもしれません。

スペインっぽい演出を、と御相談したら「やすおんのスペイン親善大使」MARIさんのお手元衣装をお借りすることができました。何じゃこの過剰演出、と思われる位にスペインテイストでお送りいたします。

事前解説はネタバレになってしまう部分もあるので、終わったら作品解説ごとレポしたいです。
やすおん史上初、かどうかはわかりませんが、10分枠の語りクラシックを、果たして100名規模のサロンコンサートでどんな風にお伝えできるか。自分もドキドキなんですけど気になる方、応援ください(乞)。

そうそう、最後にお願い。
上記リンクのプログラムにもありますが、最後にヘンデル:メサイヤの「ハレルヤ」コーラスを皆で演っちゃおう、という趣向のようですので、「楽譜があれば歌えるのに~」「自分も歌いたい」という方はお手元にお持ちいただけると吉かも。
脳内収容済みの方は手ぶらで大丈夫ですね。
[PR]
# by cantotanto | 2011-01-19 01:47 | 本番でうたうこと
茶々・初・江!!のうたwww
お正月からNHKに明日からの大河ドラマネタを徐々に洗脳されているcantotantoです。
三女にして主役の江(ごう)がのだめ声、というあたりで気になります(当たり前ですが)。

で、そんなネタをセンデンされる前に、深夜テレビで見つけたダンナが教えてくれたのが、浅井三姉妹=茶々、初、江の3人によるAZAISM(←パクり臭たっぷりのタイトル)。自己紹介からしてパフ○ーム、じゃなかった、浅井三姉妹になりきっている姿が素晴らしいのでこちらの動画でご紹介。

 (歌は0:40くらいから)

タネ明かしをしますと、「戦国鍋テレビ」という深夜番組でなんとなく歴史の勉強になる曲をいろいろやってるの野一環だそうです。いや、大河センデン番組よりも手っ取り早く浅井三姉妹がどのような人だったのかが勉強できます。

動画をたどると、この番組関連で
・「寿司食いねえ」の頃のシブガキ隊風味の堺の商人
・「仮面舞踏会」の頃の少年隊風味の天正遣欧少年使節
・初期のチェッカーズまんまな千利休の高弟たち
・B'z風味の…(笑うしかないっ)
とかいろいろ出てきますよ。
[PR]
# by cantotanto | 2011-01-08 23:39 | その他音楽全般
ただ今、タイヤキ三昧♪
あ、間違えました。現在、対訳三昧モードのcantotantoです。
アンコが苦手なので鯛焼きより対訳作業の方が好きです。

正月休みはしっかり正月休んでしまったのですが、

・昨日、(某会のやすおんにおける浮気?曲)メンデルスゾーンのお耽美な哀悼歌の対訳を作り、
 #何だか谷崎潤一郎あたりのような暗くて耽美な死者礼賛の詩かも…(←これが本年1作目w)

・ただ今、同じくやすおんで初「語り」に挑戦すべく某童話の訳を書き込み中で、
 #「ふぇるじなんど」の名にピンと来る方、もうしばらくお待ちください。センデンします。やすおん本番は1/22(土)午後デス

・あと今月中旬までにレクイエムの対訳資料を2本作る予定なのでさあ困った。
もちろん下訳というか、過去に作った資料はいっぱいあるし(ケルビーニのために1回作ったので、ないテキストはない状態)本当におなじみなのですが、

「フォーレのレクイエム」は歌ったことある合唱団用の「モーツァルトのレクイエム」資料
    と
「デュルフレのレクイエム」は歌ったことある合唱団(+オケ)用の「ヴェルディのレクイエム」資料

の2点をいかに同時に効率よく作るかが、悩みどころです。
(団体毎にセンセイの要求事項に合わせてフォーマットを用意してあるのでいきなり揃えられないのです…)

要はフォーレとデュルフレ(使用テキストの構成が基本的に一緒)が使ってない続唱「Dies irae」をいかに手抜きして挿入するか、がカギでございます。

まぁ目の前のものを少しずつ片付けるしかありませんね…。無理しない範囲で、になりますが。

そういや…明日のレッスン前にシューマン「ミルテ」のNußbaum(くるみの木)の歌詞を確認しておきたかったんだった…(これは音楽以上に可愛い少女趣味調のはず…なのですが今晩は無理やなorz)
[PR]
# by cantotanto | 2011-01-05 23:17 | 外国語曲のことばのこと
あけましておめでとうございます~♪@2011
旧年中は皆さまお世話になりました。
本年もよろしくお願いします。

         cantotanto 拝


とかしこまってご挨拶させていただきました。

実は年明け少し前からぐーぐるセンセイが
a0036057_0455387.jpg

ってな感じでご挨拶されています。"oogl"を崩してまで入れられてるローマ数字は「1000+1000+10+1=2011」ですね。
#ってことは去年は3文字で書けたんですね!
復活の長い長い後奏(70秒とはびっくり)の後、佐藤しのぶさんと堂々わたりあうじゅんじゅんセンセイの「乾杯の歌」で幸先よいお正月を味わわせていただきました♪

昨年は固定の団で、新たなイベントで、いろんな方と出会うことができた有意義な年でした。今年もオンステ・オンライン・オフラインを問わずにみなさんよろしくお願いします。

で、現在のcantotanto家では…
[PR]
# by cantotanto | 2011-01-01 00:55 | ブログいじりのこと
2010年はこんな年でした…
例によって大晦日ギリギリまで年末感を感じないまま過ごしてしまったcantotantoです。
今年もやはり鏡餅は締め飾りより早く売り切れてました(汗)
紅白歌合戦を背中に聴きながら、今年の振りかえりを。あんまりブログを書かなかったので、きっと書き落としがありそうですが…

1月
・ドイツ語の1日1聖句、Losungenを買って各国語聖書の写経大会をしようと紹介したのですが…ほぼ三日坊主でしたねぇ。でも懲りずにまた2011年版、買います。1日1ページA5手帳の立派なのももらっちゃったしなぁ。
・そしてやっぱり年明けはプーランクのスタバト・マーテルとバッハのモテットの対訳作りに忙殺されていたような記憶が…
・今年は4回開催だったやすおん、1月はシャイン会で「泉」2番をS2で、シュッツのSWV380をアルトで歌いました。

2月
・メサイヤ通唱会に触発された一発イベント、シュッツを歌ってみよう会開催。発起人のか~のさん、アパッチさんには本当、お世話になりました。…オルガンでの伴奏弾きを初体験だったのですが、やっぱり自分は歌ってる方がよかったのではと反省する機会にも(苦笑)
・オリンピックで鈴木明子さんをはじめフィギュアにハマりまくって大騒ぎ。ミーハーです。
・この時期、メトロの230円土休日回数券を買って足しげく代々木八幡(というか初台)に通っていました。続きは↓へ!

3月
・地元団の内輪音楽会でシューマンの献呈(Widmung)をうたい、新しい団員さんたちの歌声を楽しむ。…この時の録音、細切れ編集できないまま持ってるんだけどいいのでしょうか…
・JYD記念オーケストラ&合唱団の演奏会でお手伝い。ブルックナーのミサ3番はつい4カ月ほど前にカ○レで掛けたばかりの曲。前回の半分くらいの規模で、いいリベンジの機会をいただきありがとうございました。実は非公開設定のままで、この日の懺悔日記が書いてあります…
・この辺りからばたばたしてかなりブログをサボるようになる…というかmixiのつぶやきで大抵の言いたいことが足りてしまいまして…1週間で消えちゃうから後から見返せないのが問題なのですが。

4月
・実は↑の本番後に代々木八幡の桜の開花を見ていたのですが、その後が冷蔵モードでとにかく寒く、桜の見ごろがどこになるかさっぱり分からなかった記憶が。これって今年のヘンな気温変遷の入り口だったんでしょうかねぇ?
・カ○レの合宿、結局またクルマを出してみゅーろんさんとデートモードでした。DVDより録音聴いてた記憶が多いなあ。そして池尻の首都高ぐるぐる経由でうちが近いことを初認識!
・春やすおん、ちゃんと聴きに参りました♪@杉並公会堂初体験
・忘れもしない(ウソ、思い出すまで時間がかかった)4/20に宮崎で口蹄疫発生の報。シゴト上ここから情報戦に巻き込まれる訳ですが、この時点であの惨状はまだ予期できず。

5月
・口蹄疫でバタバタしながら、うたの練習はきっちり行くという生活(すみません…)。本当は政治的にグチりたいことはいっぱいあったのですよん…


6月
・カ○レでプーランクのスタバト・マーテル w/山下センセイ。作り足りない部分もあったけど大人のプーランクにはできたと思う。噛めば噛むほど何とやら。
・Agoraさんのフォーレクを聴きに行き、アマチュア離れしたテノール6人衆に舌を巻く。
コテコテ大阪弁マタイにハマったのがこの辺。続きアップされてるそうなので、観なきゃっ
・結婚記念日に草津へドライブして美味しい隠れ家イタリアンに舌鼓を打ちました。また行かなきゃ!

7月
・TSCさんのブルックナー テ・デウム(交響曲第9番の第4楽章として演奏)を聴きに行き感動。ああいう聴衆の集中、素ん晴らしいですねえ…!
・あんまり記憶がないが、週休2日制で歌う週があったり、結構立て込んでいたらしい。
・月末に大事件発生。通勤途上の交通事故により7年16万kmお世話になったクルマがお釈迦に。しばらく電車&徒歩&乗せてもらう通勤生活に。

8月
・とにもかくにもバッハセミナー!佐々木先生はもちろん、素晴らしいスタッフ&参加者の皆さまに出会えて幸せでございました。倍率を考えてうろうろしたオーディション、すんごく緊張しましたがいい機会でした。力は全然及ばないけど、きっとまた来年も懲りずにチャレンジします。せっかくなら大曲?
・次週のやすおんにはシャイン会で参加。シャイン「泉」10番と、ジェズアルドにA1で挑戦…だったのですが本番で暴発事故の張本人になってしまい真っ白な記憶でございます。ちなみに2次会まで飲んで終電を狙うつもりが逆向きの電車に飛び乗り…と散々だった記憶もございます。
・クルマは手に入ったものの、「歩きすぎ」がたたって足の神経を痛めまして(驚)。しばらくヤコフォーム靴しか履けない生活が続きそうです…というか、ヤコフォーム靴が合ってよかった。

9月
・地元団の内輪音楽会でイタリア古典歌曲集1に乗ってるVergin, tutto amorをうたい、新しい団員さんたちの歌声を楽しむ。…この時の録音も細切れ編集できないまま持ってるんだけどいいのでしょうか…(コピペ)
・ダンナの試験勉強山ごもりになぜか付きあって箱根の保養所に。行きMSE、帰りHiSEの展望席最前列とロマンスカー(と箱根登山鉄道とケーブルカー)を楽しむ鉄な旅でもありました。そのままカ○レの合宿@都内に直行という恐ろしいスケジュールでした。

10月
・昨年に続き「第2回」開催となったメサイヤ通唱会に参加。お隣のシャイン会wataringoさんと一緒に歌う歌う。ついつい乗せられてソプラノ曲も頑張ってみましたです。
・地元団の演奏会はヴィヴァルディのクレドとグローリアに挟んでバッハのモテット3番。ここのバロックピッチの器楽の響きも好きでございます。あめっちさん遠くからありがとー♪
・秋やすおん@仙川をちゃんと聴きに行く…あれっ、年4回皆勤してるじゃん(苦笑)

11月
・マイミクさんからのご紹介で、東京カテドラルでのラテン語荘厳ミサで聖歌隊に混ぜていただきました。本当に貴重な経験で素晴らしい祈りの場にあずかりましたが、楽譜にかじりつく&指揮に集中してると祭壇上で何が行われているかあまり拝見する余裕がなかったことを反省。
・この辺りから「国盗り」こと「ケータイ国盗り合戦」にハマる。ちょっと出先で時間が空くと意図的に電車を乗り過ごすというか何というか…。
・mixi上で乗ってしまった「食べるラー油会」に参加。参加者9名、ラー油17銘柄という贅沢な会。お酒なしでストイックなラー油食べ比べのはずが、顔は火照るし笑いが止まらない。恐るべしカプサイシン効果。
・角膜を痛めてコンタクトできず、裸眼@ガチャ目で頑張っていたら眉間に皺寄りっぱなしでえらく疲れる。ようやっと眼鏡を新調して楽になる。…ってまだ「治ってない」って言われ続けて年越しなんですけど、いい加減コンタクトに戻したいところっす。

12月
・カ○レでデュルフレのレクイエム(5年位ぶり3回目)&ダフクロ第2組曲をうたう。「元ネタ」としてのグレゴリオ聖歌を引用しまくっている曲なので、オケメンバーにも伝えるべく譜例入りの対訳資料を配ったのですが、苦労が報われる良いレスポンスをいただいたと手前味噌ですが喜んでいます。ううう。
・その翌週に横浜でマーラー交響曲第2番「復活」をうたう(十ン年ぶり2回目@ジュネス以来)。2010-2011年の間に歌いたかった曲なので満足にございます。合唱団をまとめられたエバロッティ~さん、お世話になりました。立ち位置を本番で修正できなかった点が大変申し訳なく(私信)
・そして年末にクリオラ通唱会!シングインメサイヤ触発で拡がる企画は何でどれもこれも楽しいのでしょう!

って並べてみてたら今年もあと2時間を切りました。
思えば多くの方とうたい、笑い、そしていっぱいご迷惑をおかけしました…。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。
これに懲りず、来年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
[PR]
# by cantotanto | 2010-12-31 22:07 | ブログいじりのこと
【レコメンド】年越しの過ごし方【駄追記あり】
例年、クラ好きだけどインドア派の皆さまのブログ記事に上がるテレ東(TX)系列の東急ジルベスターコンサート、今年の年越しはマーラー交響曲第2番「復活」の最終部分(合唱が入るところから?その前のフルートさんも欲しいけどなぁ…)byコバケン&武蔵野合唱団さん、だそうです。
マーラー生誕150周年の2010年からマーラー没後100年の2011年への橋渡しとして、この上ない(…いや、千人じゃ無理でしょ、この尺で…)プログラムだと個人的には思っています。

実は高校生の頃にマーラーに転びまして、「マーラーイヤーなるものが2010~2011年まで来ない!51歳で没するとは何と不器用な!」と思い続けて待っていた(反例:ヘンデルやモーツァルトは商売っ気があっていい亡くなり時でした)のですが、そんな年に「復活」をうたう機会もいただき、これ聴いて年を越せるのは本当に嬉しいもんです…まぁ自分が歌えるのが一番でしたがw 

オフィシャルサイトを見ると演奏と同時にサンドアートとか、凝った演出が入るようですが、粛々と聴かせていただきます。



…で、大事な告知はこの後。

2011年年明け、おめでとーの後の1発目は我らがじゅんじゅんセンセイによるヴェルディ「椿姫」の「乾杯の歌」で始まりますので、カ○レ方面をはじめ関係者の皆さんはしっかりご覧くださいませ!
幸先よい1年の始まりになりますように。

ダンナレコメンドは年明けのMX(駄)
[PR]
# by cantotanto | 2010-12-31 14:39 | 合唱曲
クリオラ通唱会、ハンパなく盛り上がりました~♪
クリオラ…正式名称はクリスマスオラトリオ、ヨハン子だくさんバッハさんのBWV248です。
オラトリオという名前ではありますが、クリスマス1~3日目(初演時の記録だと12/25、26、27に演奏)、元旦、年明け第1日曜日、顕現日の計6回の礼拝で使われたカンタータ集、という趣になっております。
#ドイツではChristmasではなくてWeihnacht(聖夜)を使うので、原題はWeihnachts-Oratorium、略してヴァイオラが正式名称??ですかねぇ。

とにかくクリオラのお話でございまして、↑のような構成になっているのでクリスマスの時期に第1部~第3部の「年内部分」だけで行う演奏会、が結構よくあるパターンのようでして(ボリュームもこれが妥当…)、前半は演ったけど後半は未経験、というヒトも結構多いみたいです(自分もその1人でした)。

で、秋の恒例行事になりつつある(爆)メサイヤ通唱会の後に、すっかり楽しまれたogurierさんが「クリオラで通唱会やれたらいいね」と日記につぶやかれたのがことの発端。今年はお忙しいので一度は断念されてた企画が「第3部と第4部の間」の12/29の夕方~夜で実現成ってしまいました!発起人の皆さまの企画力と実行力に大感謝です♪

取りとめもなくレポート。

・主催者のはからいで、曲のテキストの日本語訳を朗読してから、演奏に取りかかるというスタイル。これ素晴らしかったです。朗読についてはもう少し後にも…

・最初は全体でも十人教、アルト3名、テノール1名で大丈夫かっ、というバランスの中、第1部第1曲目だけはテノールにお邪魔して歌っちゃいました♪ ええ、当時必要があってテノールの音取りには結構付き合っていたのですw

・そしたら第九本番後駆け付けの名テノール成さんが驚きの早さで到着。その後も少しだけテノールやらせていただきましたが、同じ音程で歌ったら声の質と鳴りが全然違いますから私不要でしたねはい。あ、第3部最初と最後と「ベツレヘムに行こう!」のハダカテノールはお手伝いさせていただきました。

・最初のバスアリアで、アルト3名(pianissimoセンセイ、私、まーささん)が迷わず実音で歌いきったのはびっくりしました(実音C以下はテキトーに抜いておりますが)。お二人ともいいドアルトさんです。私の低音じゃ足元にも及びませぬ。
注:普通はこんなメンツ3人も並びません(苦笑)

・第1部、第2部がさくさくあっさり終わっちゃったね、と言いながら取った休憩がついつい長く(汗) お茶とお菓子とおしゃべりは危険です。あと自己紹介もだ、というogurierさんの危惧は打ち上げでよくわかりましたw

・↑での休憩だったので第3部と第4部は通しで。第4部開始前に、リアルより一足早く「あけおめー」のご挨拶が飛び交いました。いいノリです。

・そして第4部からだんだん予習不足から前半の神通力が落ちてきます。言葉付かないーっ

・特に第5部のSATの美しい三重唱、やってみたくてトライしたけど落ちる落ちる。いい曲だということはわかったのでこれはリベンジデス。ちなみにSopとTenで「主はいつ来るんでしょ?」ってたたみかける二重唱をやってる所に「お黙り(Schweigt)、彼は現にここにいらしています」と乱入するのがアルトの役。「現にいらして」あたりの言いにくい単語がちっとも音にならない~(反省)。Schweigt、は打ち上げでも使えて(?)便利でしたw

・第4部あたりからどんどん人が増えてきて、小さな教会の中は人と歌声で満たされてきました。いいですねぇ。持ち回り朗読もどんどん回っていくのですが「御子=みこ」「御手=みて」「贖う=あがなう」など、キリスト教のテキストではおなじみだけど普段読まない方が戸惑う用語が続出。訳文も突然堅い漢語とやわいやまとことばが混ざっていて少し独特でした(いや、私は好きなんですけどね)。「爽やかす」って普通の言葉でしょうかねえ?

・第6部は最後の曲まで歌えるかヒヤヒヤでしたが、何と終曲終わってぴったり予定の8時でした!素晴らしい。4時間があっという間でした。

・当然のことながら打ち上げは盛り上がる盛り上がる♪ イタリアンもワインも美味しかったのですが、「酔えば酔うほど長くなる」ご指名シャッフル制自己紹介で大いに盛り上がりました。「所属団体について」というお題になぜか「本妻」「妾」「一夜限りの…」と爆弾発言が続出。いや、みなさん合唱を愛されているのですねぇ。
そしていろんな人がいろんなイベントや昔の団でつながってることが次々出てきて、ああこの世界は狭いもんだなぁとひたすら再認識でございました。

とにかく楽しく、あっという間の半日でした。同じ日の午前中にまだシゴトしていたことが信じられない非日常感に包まれて、今年の年末進行に突入しました。
何と幸せな歌い納めだったことか!にんまりでございます。またぜひ来年も!万難を排して歌ってしまいたいところですはい。
[PR]
# by cantotanto | 2010-12-31 02:17 | うたいに行くこと
ヤマハ渋谷店明日閉店【合掌】
渋谷駅に着いてから、乗らなきゃいけない東横線特急まで30分間。
時間がタイトなのは承知で、明日いよいよ閉店のヤマハ渋谷店に詣でて参りました。

想像してたより楽譜の在庫はまだあるみたい…なのですが時間がない(汗)
とりあえずエスカレーター下の90%オフ箱に狙いを定めました。
#びっくり価格破壊ですな。マニアックすぎて(&古くて)他店舗に回せないコたちなのでしょう。

店舗滞在時間10分間でお持ち帰りしたのは以下の6冊。

・ヘンデルのXERXES(セルセ、というかクセルクセースのオペラ)のボーカルスコア@ペータース
いや、きっとオンブラ・マイ・フ以外にもいいズボン役アリアがあるんじゃないかと期待して…

・ピーター・ワーロックの歌曲集低声用
いや、知らない現代さんですがお試し。
英語でかわいい感じの曲かも。

・モーツァルトのアルトアリア集@ベーレン
いきなり「アポロとヒュアキントス」から始まっているマニアックさは嬉しいw

・ドヴォルザークの聖書歌曲集低声用1と2
ドイツ語とマジャール語のために別々の言葉割りの譜を用意してます!
まあ歌うならドイツ語になるのですが…

・イタリア古典歌曲集1@シルマー版
中声〜やや低め、かな。装飾のオマケ記載がかなりあるので面白そうでつい。
これで伊古典1は3冊目か、と気付いてしまいましたが…(苦笑)

こんな6冊でお代が2600円というのが申し訳ない感じです…。
ありがとう渋谷店、君のことは忘れないぞ!
#某犬のCD屋のようにそのうち復活宣言しないかなあ…(ぼそっ)
[PR]
# by cantotanto | 2010-12-25 15:34 | 仕入れもろもろ