タグ:ワークショップ ( 4 ) タグの人気記事
即席アンサンブルの楽しみ~ Ecco mormorar l'onde
週末のグレゴリオの家でのシュトラウベ先生ワークショップは、それはそれは幸せなものでした。
付いて行くので一生懸命だった一年半前と違って、自分なりにあれこれ考えながら素直に先生の指示を聞くことができ、収穫は多かったと思います。
週明けの俗世間がちょっとばたばたしてるもんで、余計にうた三昧週末への憧れが募ります。

さて、編集作業が済んだものからレポートしますと、「短いファイルの切り出しは短時間で済む」ことから、最終日昼休みの「即席アンサンブルEcco」の最後の通しファイル切り出し→関係者への通知をさくっと済ませてしまいました。

合唱団その2がらみのアンサンブルメンバーから(以下、どこかでのハンドル)ONIさんとひるまんさん(S1) 、メガさん(S2) 、cantotanto(A) 、りゅさん(T)の5名。更にか~のさん(S2)、彼女と同じ合唱団のYさん(A)、そしてバスを探すスカウトに乗ってくださったAさん(B)の計8名。
女声2人ずつ、男声1人ずつなのでバランスはいいですね。
ちなみに元のアンサンブルメンバーは今回のお題は「楽譜配られただけで合わせたことない」状態、参入いただいたお3方は「Ecco知ってる~」という経験者でございます。

そしてお題はモンテヴェルディのマドリガーレ第2巻(1590)から、Ecco mormorar l'onde(波はささやき)。「ご覧、波がささやいて、」というささやき、「枝が震えてる」というトレモロっぽい速いパッセージで始まります。この後も、SとA、2種3羽の小鳥が鳴いたり、東の空が明るくなって来たり、そよ風が吹いてきたりする歌詞がそのまま音楽で表される、非常に叙情的な曲です。

…って、今だから書けるのであって、限られた時間で合わせるためにはとにかく必死でそこまでは味わえなかったんですけどね。

あまりに楽譜が低いので、半音だけ上げて歌いました。お陰で女声は結構輝かしい感じの響きになったかな。実は録音を何度も聴き返しながら、「おっ、ここ美しいじゃん」というところを楽しみ、「自分、ここ外してるよorz」というところをひっそりと反省しております。てっぺんと一番下がしっかり出来上がっているので(楽譜をリアルタイム半音変換しながらでも)かなり歌いやすかったのですが、お陰でcantotantoが好き放題やってしまっており、同パートのYさんにはご迷惑かけちゃったな、とこれまた反省でございます。
#はまったところは非常に気持ちよさそう、自信なさげなところはいかにも自信なさそうな感じが自分の声でよくわかりました。いずれにしてももうちょっとさりげなくおさめられないもんか。まぁ前者はアンサンブルの規模によってはあり、なのでしょうが。

うちに帰ってから、改めて(というか初めて)お手本演奏を聴いてみました。

Monteverdi: Madrigali
Alan Ewing Claudio Monteverdi Anthony Rooley The Consort of Musicke Tom Finucane Evelyn Tubb Andrew / Virgin

こちらはテンポ(我々3'10に対し、トラック長さ4'00)もしっとり、静かな夜明けでした。そう、曲の中盤で東の空が白むんだから、必ずしもテンポと勢いでパンパカパーンな演奏にする必要はなかったのですね。イギリス人の侘びさびを感じさせる名演奏だと、勝手に思っております。
この曲はDisk2(第2巻)の14トラック目、です。
派手なのも好きですけどね。

そうそう、久しぶりにモンテヴェルディのマドリガーレ集を流して聴いてみたら、ドイツ人のシャイン(そう、シャイン会で「イスラエルの泉」を歌ってる、その作曲者)がイタリアに留学してモンテヴェルディの影響をたっぷり受けた、というお話も改めて納得しました。
なぁるほど。
[PR]
by cantotanto | 2006-01-11 23:54 | 独唱&重唱曲
【イベント終了までトップ】ワークショップドイツ語資料のご案内
1/7~9のシュトラウベ先生による合唱ワークショップ@グレゴリオの家 の私設ドイツ語資料(逐語訳と発音、pdfファイル)をここで一挙に公開中です。
ご自由にお持ち頂いて結構ですが、ご利用の際にはこちらの記事にでもひとことコメントをよろしくお願いします。
参加者の間で情報を回して頂いて結構ですよ。

現在(050106朝)、アップされているのは、

・バッハの"Komm, Jesu, komm"BWV229 の「逐語訳+発音記号」のものと「逐語訳+発音記号+カナ発音」のもの
・メンデルスゾーンの”Denn er hat seinen Engeln befohlen"(詩編(Psalm)91編より)の「逐語訳+発音記号」と「逐語訳+発音記号+カナ発音」(New!)のもの
・メンデルスゾーンの"Warum toben die Heiden"作品78-1(詩編(Psalm)2編)の「ドイツ語歌詞-日本語聖書-ヘンデル「メサイヤ」歌詞(英語)」対照表と、「逐語訳+発音記号」と「逐語訳+発音記号+カナ発音」資料(New!)

の計7点、メンデルスゾーンを含め、コンプリートです。

ドイツ語での歌経験のある方は、できるだけ「カナ付」に頼らないでいただけるとありがたいです。ドイツ語のカナ表記はかなり冒険ですので…。
[PR]
by cantotanto | 2006-01-09 17:00 | 外国語曲のことばのこと
年内に何とかひとつ…! ワークショップ資料アップしました
昨日までみっちり仕事、今日は大掃除の前に疲れてこんこんと眠ってしまったcantotantoです。

何とかまとまった時間を取って、以前宣言していた1/7~9のシュトラウベ先生ワークショップ@グレゴリオの家 のドイツ語曲逐語訳&発音資料を1つ仕上げられました。

まずはメイン曲と思われるバッハです。Komm, Jesu, kommの発音記号表記(ドイツ語発音に慣れている方はこちらを推奨)の資料と、発音記号にカナも振った資料の2パターンを用意しました。もちろん非公式ですが…。
参加者の方には通し訳の資料(こちらは公式)は送付されているはずですので、私の資料には載せていません。一応整合性が取れているかとは思います。

ワークショップ参加の方も、そうでない方も、どうぞご自由にお持ち下さいませ。ご利用の際にはこの記事にでもひとことコメントいただけるとありがたいです。
あと間違いご指摘いただければ改版して直すの所存です

一応、今回のワークショップの他のドイツ語曲の資料も上がり次第同じ場所に置く予定ですのでよろしくお願いしますです。
[PR]
by cantotanto | 2005-12-31 02:41 | 外国語曲のことばのこと
言葉にハマる冬の夜長。
なんてタイトル付けながら、まだ職場なんですけどね(大汗)。

私のメールのシグネチャ(署名)をご存知の方はご存知かと思いますが(…ってリアル知り合いの一部しかいらっしゃいませんが…)、
私、「言葉」フリークでございます。うたをやる上で言葉は重要です。
はじめに言葉があって言葉は神であったっ、っつーくらいの思い入れでございます。
#出典がわかる方、失礼致しました。それを1節分、ラテン語で載せてます。

仕事でばたばた、新規活動も始まりながら、今月始めた/始めたい「言葉」活動のいくつかをここで宣言しておきます。

・ 某ラテン語メーリングリストの「文法教科書の練習問題こなそうコース2巡目」にcantotantoの名前で参加表明しました。ボリューム多いけど、(前回の当番制と違い)各自全問回答は相当力が付きそうなので、振り落とされないように頑張る所存。
#2週目の課題やらねばっ(汗)
本当は同じML内の「ラテン語聖書を読む」企画にも参加したい(何せ資料はいっぱいあるし)のですが、時間的に無理だなぁ…。

・ 合唱団その2でクリスマス前に毎年歌うStille Nacht(きよしこの夜、の原語(ドイツ語)版)の逐語訳資料を今年こそ作ろうと目論見。昨日先生が読み口述伝達やられちゃったから、発音記号はスルーしちゃおう、かなぁ…。いや、来年以降のためにはいいものを作った方がいいのですが。

・ 1月の3連休に参加するドイツ人のシュトラウベ先生のワークショップ、ドイツ語曲の発音&逐語訳資料を作ってWeb上にアップしちゃおうかなぁの壮大な構想あり。果たしてこなせるかどうかは不明ですが、欲しい方はコメントでプッシュしてくだされば、頑張ります。
その場合は発音記号とカナ、併記がよろしいですか…??

ちなみにラテン語曲のAgnus Deiはあちらに参加する方にはおなじみ過ぎますので作らない予定。でもドイツ人の先生は「アグヌス・デイ」を指定される可能性あり、です。
#あとは「クヴィ・トリス(は派手にはやらないかも)」「パーツェム」を押さえておいて、当日の先生の発音を真似、ですね。

あ、そうそう。mixiの合唱コミュのイベントにこのワークショップがあります(開催地の方が作成してくださいました)。先ほどageておきましたので、参加者でそちらの出入りがある方はどうぞお顔出し下さいませ。盛り上げましょう。
[PR]
by cantotanto | 2005-12-08 21:32 | 外国語曲のことばのこと