タグ:Monteverdi ( 2 ) タグの人気記事
即席アンサンブルの楽しみ~ Ecco mormorar l'onde
週末のグレゴリオの家でのシュトラウベ先生ワークショップは、それはそれは幸せなものでした。
付いて行くので一生懸命だった一年半前と違って、自分なりにあれこれ考えながら素直に先生の指示を聞くことができ、収穫は多かったと思います。
週明けの俗世間がちょっとばたばたしてるもんで、余計にうた三昧週末への憧れが募ります。

さて、編集作業が済んだものからレポートしますと、「短いファイルの切り出しは短時間で済む」ことから、最終日昼休みの「即席アンサンブルEcco」の最後の通しファイル切り出し→関係者への通知をさくっと済ませてしまいました。

合唱団その2がらみのアンサンブルメンバーから(以下、どこかでのハンドル)ONIさんとひるまんさん(S1) 、メガさん(S2) 、cantotanto(A) 、りゅさん(T)の5名。更にか~のさん(S2)、彼女と同じ合唱団のYさん(A)、そしてバスを探すスカウトに乗ってくださったAさん(B)の計8名。
女声2人ずつ、男声1人ずつなのでバランスはいいですね。
ちなみに元のアンサンブルメンバーは今回のお題は「楽譜配られただけで合わせたことない」状態、参入いただいたお3方は「Ecco知ってる~」という経験者でございます。

そしてお題はモンテヴェルディのマドリガーレ第2巻(1590)から、Ecco mormorar l'onde(波はささやき)。「ご覧、波がささやいて、」というささやき、「枝が震えてる」というトレモロっぽい速いパッセージで始まります。この後も、SとA、2種3羽の小鳥が鳴いたり、東の空が明るくなって来たり、そよ風が吹いてきたりする歌詞がそのまま音楽で表される、非常に叙情的な曲です。

…って、今だから書けるのであって、限られた時間で合わせるためにはとにかく必死でそこまでは味わえなかったんですけどね。

あまりに楽譜が低いので、半音だけ上げて歌いました。お陰で女声は結構輝かしい感じの響きになったかな。実は録音を何度も聴き返しながら、「おっ、ここ美しいじゃん」というところを楽しみ、「自分、ここ外してるよorz」というところをひっそりと反省しております。てっぺんと一番下がしっかり出来上がっているので(楽譜をリアルタイム半音変換しながらでも)かなり歌いやすかったのですが、お陰でcantotantoが好き放題やってしまっており、同パートのYさんにはご迷惑かけちゃったな、とこれまた反省でございます。
#はまったところは非常に気持ちよさそう、自信なさげなところはいかにも自信なさそうな感じが自分の声でよくわかりました。いずれにしてももうちょっとさりげなくおさめられないもんか。まぁ前者はアンサンブルの規模によってはあり、なのでしょうが。

うちに帰ってから、改めて(というか初めて)お手本演奏を聴いてみました。

Monteverdi: Madrigali
Alan Ewing Claudio Monteverdi Anthony Rooley The Consort of Musicke Tom Finucane Evelyn Tubb Andrew / Virgin

こちらはテンポ(我々3'10に対し、トラック長さ4'00)もしっとり、静かな夜明けでした。そう、曲の中盤で東の空が白むんだから、必ずしもテンポと勢いでパンパカパーンな演奏にする必要はなかったのですね。イギリス人の侘びさびを感じさせる名演奏だと、勝手に思っております。
この曲はDisk2(第2巻)の14トラック目、です。
派手なのも好きですけどね。

そうそう、久しぶりにモンテヴェルディのマドリガーレ集を流して聴いてみたら、ドイツ人のシャイン(そう、シャイン会で「イスラエルの泉」を歌ってる、その作曲者)がイタリアに留学してモンテヴェルディの影響をたっぷり受けた、というお話も改めて納得しました。
なぁるほど。
[PR]
by cantotanto | 2006-01-11 23:54 | 独唱&重唱曲
混声による同声デュエット モンテヴェルディ:アリアンナの嘆き
この寒さ(!)で風邪気味なので寝ていたのですが、目が覚めてしまったので1本投稿。
#夜型定着はヨクアリマセン。

a0036057_12552130.jpgモンテヴェルディのマドリガル+宗教曲集です。ジャケット裏の曲目リスト下には「ルネ・ヤーコプス指揮」とだけ書いていて、指揮者がいるんだから合唱曲も入っているだろう、と買ってみたら歌い手2人、ソロ+デュエットの曲集でした。
#実は合唱版の「アリアンナの嘆き」を探していたのです…。メゾソプラノのソロ曲でした。ううう。
##本日の釣果040813@魔法の塔でご紹介したLa Venexiana Live!収録の「アリアンナの嘆き」もやはりメゾソプラノソロ曲でした。合唱版の録音はないのか~~~?
(この話でピンと来た方は下のMore…へどうぞ。)

指揮者として名前が出ているルネ・ヤーコプスは自身もカウンターテノールの歌手のようですが、デュエットの1人としてカウンターテノール歌手のダニエル・ボルストにソプラノを歌わせています(こういうのをソプラニスタって言うの?今時は)。もう1人はメゾソプラノのギュメット・ロランス。
つまり、タイトルにある通り、混声にして同声のデュエット。実際には2声部の音域が近く、「軽くなりすぎない音域のカウンターテノール」と「重くなりすぎず適度に色気がある音域のメゾソプラノ」の融合と対比が楽しめます。日頃、海外の録音でカウンターテノールがアルト声部を受け持つような曲のアルトをどう歌うか結構悩んでいますので、この2人の共演は勉強になります。

タイトル曲は前述の通りメゾソプラノのアリアですが、歌い出しがいきなり「Lasciate mi morire(私を死なせてください)」というへヴィなものです(この1曲目はイタリア歌曲集 1(リンクは中声用)の2番目にも収録されています)。
この録音では、熱くなりすぎず、「音楽」を大切に守りながら「嘆き」を表現していて、聴きやすい感じ。中声部~低声部がいい声なので、この辺りでの感情表現(ひたすら嘆き+怒り)の乗せ方がきれいかな、と思います。これはメゾ好きの意見かもしれないけど…。
なお、アリアンナって誰だ、 "O, Teseo,"ってどんな呼びかけだ、と思っていたら、アリアンナ→アリアドネ(クレタのミノス王の娘、ミノタウルスの姉)、テゼオ→テセウス(ミノタウルス退治後、アリアドネをクレタ島から連れ出すが、ナクソス島であっさり捨てる)だったんですね(参考サイト)。で、捨てられた女の嘆き、という訳。納得。まぁ、その後の彼女は幸せになるんですけどね(関西弁の参考サイト)。なお、このアリアが入っていたオペラ「アリアンナ」は残っていないそうです。きっとメゾソプラノ活躍の美味しいオペラだったろうに残念。

<DISK情報(CD)>
アリアンナの嘆き~バロックの巨星モンデヴェルディの世界
ヤーコプス(ルネ) モンテヴェルディ コンチェルト・ヴォカーレ ボルスト(ダニエル) ロランス(ギュメット) / キングインターナショナル
スコア選択: ★★★★★

カウンターテノールによるソプラノと、メゾソプラノが同音域で絡み合う。人間の声を楽しめる美しい1枚。高音張り上げの派手な演奏を求める人には向きません。楽器は落ち着いた音の演奏で、BGMにも使えるかも。

モンテヴェルディ(1567-1643)
入っている曲
1. 『オルフェオ』のトッカータ  (器楽曲)
2. 「西風はかえり」 マドリガーレ集第9巻より
3. 「ああ、お前は何と愛らしいのか」 マドリガーレ集第7巻より
4. ロマネスカ「ああ、恋する人はどこにいるのか」 マドリガーレ集第7巻より
5. 「アリアンナの嘆き」 (メゾソプラノ独唱)
6. 『ポッペアの戴冠』よりフィナーレ「ポッペアとネロの二重唱」
7. 「ニグラ・スム(Nigra sum)」 『聖母マリアの夕べの祈り』より (カウンターテノール独唱)
8. 「美しきかな、わが友よ」 『聖母マリアの夕べの祈り』より 
9. 「2人のセラフィムが」 『聖母マリアの夕べの祈り』より 
10.「おお、祝福されし道、幸せな歩み」
11.「主よ、われは心より汝に感謝せん」
12.「地より逃れゆけ、わが魂よ」
13.「すべての人よ、喜びの声をあげよ」
14.「神よ、われを助けたまえ」 『聖母マリアの夕べの祈り』より 

録音:1995年1月 ドイツ放送大スタジオ(ドイツ) デジタル
    1983年5月 シャトー・ド・ソーヴァン(フランス) ステレオ
    1995年6月 デジタル
    1979年7月 ステレオ

More…(アリアンナの嘆き …まだ見ぬ友へ)
[PR]
by cantotanto | 2004-08-16 04:32 | 独唱&重唱曲