カテゴリ:カラダ故障日記( 36 )
息吸い忘れで死んだ人はいないって…
こないだショスタコービチの超ロングトーンに対して、カ○レ練習でA先生がおっしゃってましたねぇ。
うたうたいにとっては当たり前のことではあるのですが、「生理的に無理な長さの音」は苦しくなる前に(できるだけ同パートの他の人と重ならないタイミングで)がんがん息を吸え、という「カンニングブレス」のススメ、ですね。


さて、先週末の内輪本番をのど風邪でスポイルされてしまった私めの近況へ。
風邪、少なくとも発声器官の炎症はほぼ終了したのですが、気管支に炎症が残って痰がからまった深い咳となり…喘息状態が久々にぶり返しております。

↓記事への頑爺*さんのコメントを拝見した後で、「やっぱりこの風邪、病院でクスリもらったほうが早く治るかなぁ」「そもそも喘息っぽい感じなのは市販薬だけじゃまずいよなぁ」とぼんやり思っておりましたら、

別医者の処方箋を持って「いつもの薬局」に向かった際に、この「医療村(的小規模病院集団)」に新しく入った内科が喘息の専門医だってホームページに書いてあったなぁ、とふと思い出しまして、初診でかかって参りました。

うたで鍛え続けたお陰か普通にゆっくり呼吸していると大した喘鳴(ひゅーひゅーぜいぜい言う音)は出ていないのですが、流石喘息の専門医、背中に聴診器を当てながら「大きく息を吸って、それを一気に吐き出そうとしてください」のヒトコト。まじすごいいっぱい引っかかってるんですよ~のゼイゼイ音をばっちり出せました(って自慢してどうする)。

まずは「今の風邪残りの気管支炎症状をどうにかする風邪対応薬一式」と「気管支の炎症を抑え続けて喘息そのものが起こらないようにコントロールするステロイド等の吸入薬」を出されて長期コントロール体制に入りました。古典的な気管支拡張剤内服頓用しかしたことなかったので、初めての「今ドキの予防体制」にちょっとワクテカです。
#細菌感染起きてる状態でもステロイド吸入始めちゃうのはちょっとびっくりしましたが。そういうもんなんですねぇ。

「発作止め」のクスリは何も出されていない(吸入薬は徐々にしか効かない)ので相変わらず酸素足りてない感はありありですし、微熱も続いていますが、咳とか痰とかはずいぶん楽になりましたデス。

今の状況はこんな感じ…。
・歩き続けると息が切れる、というか酸素が足りない
 田舎ショッピングセンターを歩くだけでNG…クルマ社会で暮らしててよかった
・ブレスの位置を見誤ると苦しい、というか酸素が足りない
 ロングトーンだったり初見の曲だったりはパクパク息吸えばいいんですが、なまじ歌いなれたフーガとかでいつもの通りのブレス位置まで続けると滅茶苦茶苦しい…バッハのモテット歌いながら気が遠くなりかけたのは初めてです(苦笑)

でも、明日から都内某所に山ごもり、ではなくて「某家ごもり」の修行に出て参ります。シュトラウベ先生の合唱ワークショップ、3回目の参加です。今回はシュッツとモンテヴェルディ、というストイックに見えて実はすごくドラスティックな古楽モノの5曲です。
駅からやや歩く会場なので、3日間通いではなく今回も現地宿泊にしてて良かったです。
まぁ食糧調達のためには歩いて出なきゃいけない環境なんですけどね、結局。

とにかく体力温存しながら、合唱らしい合唱にいっぱい触れてこようと思います。
お久しぶりにお会いする方、cantotantoが元気なさそうだったら、その大部分は酸素が足りてないせい(理由はあともう1コあるけど…(ぼそっ))ですのでそっとしてやって下さいませ。スミマセン。

あとは、華麗で目立たないカンニングブレスを普段の倍くらい吸いまくるぞ~、と変に意気込んでおきます。ふう。
[PR]
by cantotanto | 2007-09-14 23:25 | カラダ故障日記
もったいないことをしましたorz
本日(日付変わっちゃったけど9/9ですね)は地元の合唱団その2の内輪音楽会。
本当はカ○レの新企画にも出たかったのですが、師匠を立ててこちらに予定を絞っておりました。

曲はヘンデルのメサイヤから、"O thou that tellest good tidings to Zion"のアルトソロ…と思っていたら、更にその1曲前のレスタティーヴォ、超美味しい"Behold, a Virgin shall conceive"から歌えとの指示が!
「腹で歌え」を合言葉に、合唱じゃ使えない位のふっといアルト歌いを目標に練習して来ましたですよ。

…が、直前にのど風邪。orz
週あたまにちょっと元気がなかったダンナが、週ナカに変な咳をしている?と思って訊いたら「風邪だけどもう末期症状」とのこと。ガマンしないで早く言いなさいって。翌日からこちらにも台風喘息と共にのどの腫れが出ましたよ。

風邪薬+のど向け漢方薬+トラネキサム酸とビタミン剤投入で金曜日まではできるだけしゃべらず歌わずおとなしく静養。
土曜日は「来週のワークショップの曲のアルト音域(かなり下~A)を、アンサンブルで合わせてみる音量なら出せる」と判断して、人数が厳しい「合わせてみる会」には出席してみました。
症状は、「高い音が出せない」。熱はほとんど出ないんだけど、のどが腫れて咳が出るのが問題なのですよ。

で、本日。…昨日よりも悪かった(蒼白)
 五線譜よりも下→出るが地声になっちゃう
 D~A→スカスカで声になりません
 Bより上→結構すかんと出るが不安定
そう、中音域が徹底して「使えない」状態。

この状況で歌うにはあまりにも曲がもったいない…
スカスカで抜くしかない領域に音符のほとんどが入っています。
あまりに哀しくて怖くてまだ録音聴いていませんが、苦しそうなスカスカだったんだろうなぁ。

もう1曲は、東京の実家にひきあげてしまうメーテル嬢を囲んで、カ○レでもやったメンデルスゾーンの「賛歌」中のソプラノ2重唱、”Ich harrete des Herrn”。
本当は混声合唱団を小規模ながら編成して囲めれば良かったのですが、アンサンブルができるメンツを召集したり練習したりの間がなかったので、Y美さんメーテルさんの2重唱に加えて、私が3つ目の旋律を(男声合唱の)1オクターブ上で歌う「第3の女」として入らせていただきました。譜面の中から「合唱団代表」的なパートをピックアップして、何となく女声3重唱化させていただきました。
今日はしょうがない、リハーサル時にあれこれ気を遣った声質のこととか無視して、とにかく出せるだけの声を出しました。せっかくのリクエスト曲の、本番のクオリティを落としてしまって申し訳なかったです→メーテルさん

明日になったら、録音編集に着手、かなぁ…。
今回はいつにもまして怖いんですけど。

あ、そうそう、昨日も今日も、歌うのが終わってご飯食べながらしゃべってるとだんだん声が出るようになったんですよね…とはいえしゃべり倒してウォームアップ、はたぶん正しくないんだと判っています。はい。
[PR]
by cantotanto | 2007-09-10 01:11 | カラダ故障日記
冬アイテム、共同購入者募集♪(ただし、リアル知り合い限定…)
カラダだけは一応元気なつもりが、寝冷えしたえいか熱っぽいことに気付いてしまったcantotantoです。
すっかり投稿ペースが落ちてて申し訳ありません。

まぁなんやかんやあってちと大変なのですが、うちに帰ったら生存確認用記録としてトップ画像のちくちくを少しでも進めることとしております。
#これ、まだまだまだまだ広がりますのでひそかにご期待願います。
週末は風邪療養しながらひたすら刺すか。

さて、リアル知り合いの方には以前から少しずつ宣伝していたのですが、地区限定販売で現在関東では手に入らない冬向け(?)商品を、お取り寄せしようと考えています。

a0036057_1332442.jpgその名も、「超龍角散ののど飴」、UHA味覚糖ののど飴ラインナップ中イチ押しの品です。

うたうひとの定番、「龍角散ののど飴」のノンシュガー版、まぶし粉多め、という品なのですが、これが絶品なのです。

学生時代は一日中龍角散のど飴なめながら歌ってたこともあったのですが、通常の砂糖ベースだと、胃が荒れるのですよ。口の中どろどろになるし。
こちらのノンシュガー版、昨冬愛用してたのですが、連用しても胃が荒れない(ただし、人により大量摂取でお腹がゆるくなる場合はあり)し、口の粘膜への負担も少ない。そして本家龍角散のど飴とほとんど同じ味。プラスチックボトル販売というのも、ガムみたいでちょっとおしゃれです。
春先のコンビニの在庫処分割引販売でガンガン買い込んでいたのですが、もう在庫も尽きて諦めていたのですよ…

そうしたら、6ビン単位でメーカーショップサイトから取り寄せできることを知り、早速手配をかけようと思う次第。
リアル知り合いの方で、私が手渡し可能な方、1本相乗りしませんか?
欲しい希望はコメントかメールでお願いします♪


a0036057_1331636.gifちなみに、ローヤルミルクとプロポリス入りハニーミルク味の「龍角散ののど飴 EX」も、(こちらは10袋単位ですが)かなり気になります。こちらも相乗り希望募集で。
[PR]
by cantotanto | 2006-09-15 12:50 | カラダ故障日記
だ… ダメだ orz
合唱団その2の皆さま、ごめんなさい。

とてもじゃないけど、職場を出られそうにありません。
練習サボリ確定、でございます。

まぁ、のどは痛くないとはいえ咳は結構ひどい(喘息発作1.5歩手前だな、こりゃ)し、
ちょっと声出してみたらまだ若干かすれているので、これも良い休養だと納得してみます。

が、

こんなにストレスフルな状況じゃ、精神的にも喘息的にも、とても休養とは言えないなぁ…(涙)
[PR]
by cantotanto | 2006-06-28 20:58 | カラダ故障日記
やばっ…!
本番まであと2日、というところで、トラブル発生!

のどが、痛いのです。
他の調子はあまり悪くないけど、風邪だなぁ、これは…。

火曜日の湯疲れ後ガンガン歌ったせいか、水曜日にのどにちょっと違和感を感じながらも普通に歌ってしまったせいか、はたまたその後お風呂上りに薄着で布団も掛けずに行き倒れて寝てしまったせいか…
とにかくそこに昨日の職場で上司とストレスフルな会話しまくりの状況が追い討ちを掛けたらしく、本格的にキつつあります。

「歌手の生活」としては失格ですねぇ…。


とりあえず、喘息(気味)のクスリは切らさないようにした上で、葛根湯とペラック(消炎症剤のトラネキサム酸)と大量のビタミンC摂取で乗り切り中。
幸い、今日は1人のんびりロングドライブな出張なので、もっと切れ味の良さそうな風邪薬を物色しつつ、ストレスは発散しておこうかと。
[PR]
by cantotanto | 2006-06-23 08:31 | カラダ故障日記
とても高額なお風呂でほぐすの巻
のどの調子はほぼ通常モードに戻っていますが、首周り痛さは相変わらずなので、このカテゴリで。
#昨日は発声練習でハイD(流石にカスカスだが)からロ短アルトで下のFあたりまで使いまくり。ちょっと疲れたけど大丈夫、です。

とはいえ、梅雨入り目前にしてやはり咳発作は本格的な「喘息気味モード」に突入しちゃったみたいです。ここ5年くらい、クスリなしでほとんど問題なくやって来れたのですが…1年で最もヤバい季節だけに、無理せず医者にもらった薬で様子を見ることとします。
会社入って数年経ってシゴトが面白くなってきた頃からずっとクスリなしだったので、…………やっぱり今年来た上司のストレスもあるのだろうなぁ…(sigh)

さて、貼るカイロお灸でも今ひとつほぐれない首の痛み、どうしようかなぁ…と思っていたら、職場でスポーツクラブの話題が出てきました。そういや、やまねこさんのところでも記事になってたなぁ…と思い出しつつ、

「実は…毎月1万円ずつ払いながら、もう1年くらいほとんど行ってないですよ」

と、正直に告白(マジ)。

「そりゃもったいない。お風呂だけでも使わなきゃ!」

との周囲の声に押され、会社帰りに久~~しぶりに立ち寄ってみました。スポーツクラブ。
#と言うわけで、お風呂だけ入りに行ったのが12万円分くらい、と言うわけ。

いやぁ、中の設備とか雰囲気がちっとも変わってなくってよかった。一安心。

お風呂で首ごとあったまっても、10分くらいで飽きて&のぼせてしまうので、どうしようかなぁ…と思っていたところで、思い切って挑戦しました。

人生初の、冷え冷え水風呂(これもマジ)。

子供の頃には気温30度超の日の、汲み置き水風呂とかなら大好きでしたが、プールより冷たいあの水風呂、どうしても苦手だったのです。

意を決して、最初は膝まで→あったかいお風呂へ→次は腰まで→あったかいお風呂へ…を繰り返し、4回目位でやっと首まで漬かれました。

冷たい水って、すごく重い感じがして、身が引き締まる感じがするのですね(今更)。今まで文字通りぬるま湯に漬かっていたのがバレてしまいますが。
血行と自律神経を刺激したのが、首ほぐれに出てくれると良いんですけどね。ふう。
#次は運動もしに来なくっちゃ、という刺激も少し受けました。はい。

昔、同じスポーツクラブの水風呂に、「沈んだドザエモン」のように潜水していた(勿論うつぶせ)お姉さまを見てびっくりしたことがありますが、気持ちは少ぉしだけわかりました…かな。

ちなみにうちのダンナは「オヤジエキスが伝染りそうだから」という理由で、地元スポーツクラブでは湯船に一切漬からないのだそうです…。ん~。
[PR]
by cantotanto | 2006-06-09 00:43 | カラダ故障日記
アタマの支え…
クスリでようやく咳も落ち着き、真人間に戻れた(たぶん)cantotantoです。
が、クスリが切れてくると咳が復活するので、咳喘息判定をもらってしまうかもしれません…
ん~。

さてさて、ここのところブログ投稿が滞っていたのは、シゴトの忙しさ、週末の忙しさ@病み上がり(おいおい)、もあったのですが、

首が重くて痛い

のが一番の原因です。

どうやら咳のしすぎ、しかも「咳き込み続けて数十秒」とかを夜中にやっていたせいのようです。
首の両サイドがぐわんぐわんと痛みを持って凝っています。
腹筋背筋の筋肉痛は治ったんだけどなぁ…。

とにかく
・首が回らない
・首を傾けられない
・上を向くのもきつい
状態で、歩くと首の横に響くんですよねぇ…。

幸い、うた声はかなり戻っている(とはいえ、こんなゴリゴリ状態じゃ良い声出んだろうなぁ…)のですが、この首痛で、シゴトに必要な最低限以上の思考がなかなか進みません。
本当に、止まっちゃってます。
ブログ書きやうたスケジュール確認、本番の宣伝等の時間をなかなか取れていません。
#返事書き失礼してしまっている方々、申し訳ありません。今晩にでも必ずや…っ

物理的な位置取りだけでなく、首って本当にアタマを支えているのですね。
妙なところに感心。

とりあえず今晩鍼を打ってもらって、改善することを願います。
モンダイは不機嫌上司を振り切って予約時間に駆け込めるかどうか、なのですが…(T0T)
[PR]
by cantotanto | 2006-06-06 12:59 | カラダ故障日記
ぐえっほえっほぇ!
のどの炎症はおさまり、風邪の名残がもっと下の方(というか深いところ)に移ったなぁ、と思っていたら…

昨日から「大げさな咳」が止まりません。ほんと、タイトルみたいな感じ。
オヤジくさいとか言ってられません。
大きく咳しても底~の方に引っかかってるものが取れない感じだなぁ…。

結局、有声音での咳のし過ぎで、またのど痛めております。
まだおとなしくしているしかないようで。
困ったもんだわ。
[PR]
by cantotanto | 2006-05-29 12:58 | カラダ故障日記
何の因果か…(困)
ここ2週間ほど死に物狂いで対応していたおシゴトの山がひとつ終り、今日は一応合唱団その2の練習に顔を出せそうです。

顔を出すだけになりそうなのですが…(涙)


ダンナが海外出張中なのをいいことに、ここ2週間ほど連日24時近くまで職場でネバり、自宅で徹夜・半徹夜作業も何度か実施、出張も合宿もこなして、でも意外と体力って保つものなのね、と思っていました…。

昨日、自宅での「最後の宿題」を持ったまま、職場の人たちとしこたま羊(と書いてジンギスカンと読む)を食べに行き、酔った人々と一緒に大きな声でしゃべくって来たら…

そしてその後半徹夜で作業、2時間ほど眠ったら…今朝になって、声が出ない(恐)。
声帯は比較的無事なのですが、扁桃腺が腫れてるっぽくって、かつ熱っぽい。
ただでさえ低気圧と梅雨前線(?)到来で呼吸器の調子が今ひとつ、なのにぃ…。
やっぱり人間無理しちゃダメですね。

仕事で必要に駆られてしゃべくっていたら、やっぱり完全復調はしておりません。
週末の合宿土産を持って練習に行き、おとなし~く小さな声or口パク(??)でお付き合いさせていただきましょう。

ああ、ロ短久しぶりに歌いたかった (TへT)
[PR]
by cantotanto | 2006-05-24 20:04 | カラダ故障日記
事前に泣きを入れておきます(涙)
ゴールデンウィーク明けから、いきなりシゴトが修羅場モードです。

昨晩は23時半ごろまでシゴトして、その結果を24時まで受付の宅○便屋さんに持ち込みました。これで午前着指定ができるんだからありがたいのですが、デフォルトでそれをあてにしちゃいけない気もします。

ひと修羅場去ってまたひと修羅場。
去ってなくても、折り重なるように修羅場。

今日の練習に行きたい、という気持ちは無常にも満たされそうにないです。
皆さま、ロ短お楽しみください(涙でかすんで見えない…)


P.S. 修羅場打合せをしていたら咳が止まらなくなって来ました。のどもちょっと痛いし。
風邪…ひいちゃったかしら…??
#すとれすト休養不足ハメンエキテイカノモトデスカラネェ。



さらに23:50追記…orz
セ…セ○ムが鳴くから帰~ろ~っ(涙、です。)
[PR]
by cantotanto | 2006-05-10 18:54 | カラダ故障日記